本文の開始

Home > 人事用語 > 360度評価(多面評価)とは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

360度評価(多面評価)とは

360度評価(多面評価)とは、直属の上司だけてなく、部下、同僚、取引先、顧客など、被評価者と業務上のかかわりのある複数の人々によって行われる評価の仕組みである。

従来の人事評価は、直属上司による一方的な評価であったため、上司の主観的・感情的な評価で、却下製に乏しいという認識から、被評価者の納得が得られにくかった。

その弱点を補う意味で、さまざまな立場・視点をもつ人々に評価してもらうことにより、上司だけが評価者である場合に生じる偏りを是正し、客観性のある評価にするための方法である。


written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了