本文の開始

Home > 人事用語 > アカンタビリティとは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

アカンタビリティとは

アカンタビリティは、ある組織において権限のある者が自分のしたこと、あるいはすることを怠ったことが招いた結果について合理的な説明を行う責務(説明責任)を意味する。

個人の資質・モラルに関わる概念であるレスポンシビリティ(「責任」)に対して、「アカンタビリティ」は、システム・仕組み・組織などに関わる概念である点が異なる。

もう1つの意味として、アカンタビリティは、成果責任を意味する。

「どういった成果を出すことが自分の責任を果たしたことになるのか」ということを明確化し目標化することである。

アカンタビリティを果たすためには、コンビテンシー(貢献する具体的行動)を明確化しそれらの行動を発揮すれば、アカンタビリティが実現できるようにする必要がある。

人事諸制度と業績をリンクさせるには、人事システムにアカンタビリティとコンピテンシーといった考え方を取り入れることが必要になる。

アカンタビリティが明確に設定されると、期末における業績考課は、このアカンタビリティの達成度で測ることとなる。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了