本文の開始

Home > 人事用語 > CDPキャリア開発プログラムとはとは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

CDP/キャリア開発プログラムとは

従業員にさまざまな職務経験を積ませた(研修ブログラムに参加させたりすることによって、従業員の能力開発を長期的な計画に基づいて支援するシステム・プログラム体系のことである。

こうした制度に基づき、「人と仕事の最適なマッチング」を実現する人材育成がねらいである。

従業員個々の能力開発は、次の2つのアプローチが考えられる。
1.企業側が従業員に対して実施する能力開発
2.従業員自らの意思による能力開発

1.は、企業が従業員の将来目標(役職や役割)を設定しその目標の実現に向けてさまざまな経験を積ませるアプローチである。

2.は、企業が決めた能力開発ブログラムに従うだけではなく、自らの価値観や考え方、めざすべき目標達成のために主体的に能力開発していくことである。

近年では、社員個々人が自主性に基づいたキャリアを通して、業務上の得意分野(キャリアアンカー:キャリアの本籍地)を探求し結果として経験をより深め、さらに多様な能力を習得していくことが期待されている。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了