本文の開始

Home > 人事用語 > ダイバーシティとは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

ダイバーシティとは

「ダイバーシティ」は、アメリカにおいて1990年代に人事用語として急速に浸透した。

米国では優良企業のほとんどが「ダイバーシティ(多様性)」を企業経営の重要な戦略として位置づけているほど、有名な言葉である。

もともとは、人種、性別、年齢、国籍などによって差別することなく、多様な従業員を活用していく「機会均等」という趣旨で始まったものであるが、現在では経営戦略そのものとして「ダイバーシティ」を生かす企業が増えてきた。

それは、マーケットがグローバル化し、顧客のニーズがますます多様化してきているためで、この多様化したニーズにいち早く対応するには、企業内も多様化させ、さまざまな従業員の多様なアイデア、多様な価値観を生かすことが必須となってきたからである。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了