本文の開始

Home > 人事用語 > 範囲職務給


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

範囲職務給

範囲職務給とは、仕事の責任の大きさにあまり差がない職務を1つの等級にまとめ、その等級ごとに基本給の額を決定して運用する仕組みである。

アメリカで行われたブロードバンディングと同じ流れである。

この範囲職務給のポイントは、等級ごとの基本給にそれぞれ上限と下限を設定するというところにある。

例えば、G3→G2→G1という等級設定がなされていた場合、G3、G2、G1ごとの箱に、基本給の上限と下限が設けられており、基本給はこの上下限の範囲内で管理するということになる。

この上限のもつ意味は、基本給が上限に達すればそこで昇給はストップするということである。

G2という等級に属する社員はG2という箱の上限までは何らかの方法で昇給していくが、上限に達すればそこで昇給はストップし、それ以上、基本給は上がらないということになる。

しかし、この社員がG1という等級に昇格すればそこからG1の箱の上限までの昇給が始まる。

つまり、毎年自動的に賃金が上がっていくということはなくなり、同じ仕事をしている限り昇給上限があるということになる。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了