本文の開始

Home > 人事用語 > HRD(人材育成)とは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

HRD(人材育成)とは

HRD(Human Resource Development)とは、人材育成のことであるが、HRDでは「人」を戦略的資源ととらえ、経営ビジョンに合致した複数の役割行動を設定。

そのうえで、個人の特性を重視した能力開発によって、戦略遂組織ニーズのミスマッチを解消しようとするものである。

特徴としては次の2つがあげられる。

1.HRDは、組織の発達実践の研究分野を統合したちので、これによって個人や組 
織の効率を向上させることができる。

2.HRDは、訓練や、実際の業務を活用した学習指導、その他の方法を通じて構築された個人個人の学習計画を併用し、訓練や開発によって、現在、または将来の業務を遂行するための核となる能力を発見、確立、活用していくものである。


written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了