本文の開始

Home > 人事用語 > 絶対考課とは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

絶対考課とは

絶対考課とは、考課基準を設定し、それに基づき、従業員一人ひとりの能力や成績、執務態度を把握する方法である。

いままでの人事評価では、評価をする場合の基準がはっきりしなかったことや、あるいは査定重視の結果、優劣の差がつけられればそれで十分であったことなどのため、相対評価つまり人物比較によって評価がなされてきた。

しかしながら、育成主義に徹した能力開発型の人事評価を実施するためには、職務遂行上の知識や技能面、仕事に対する取組み姿勢や努力面などで、社員一人ひとりについて、どの部分でどんな長所や欠点かあるのか、といった分析的・診断的な評価が必要となってきた。

絶対考課では、一定の基準を設定しその基準に照らして個々の社員を分析的に評価する。

この基準とは、企業が社員に期待し求める人材像あるいは能力像(あるべき社員像)のことをいう。


written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了