本文の開始

Home > 人事用語 > 人材ボートフォリオとは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

人材ボートフォリオとは

ポートフォリオとは、「内訳・組み合わせ」という意味で用いられる。

人件費の“変動費化”とともに、経営環境のドラスチックな変化に臨機応変に対応させためにも、企業の従業員は正社員だけてはなく、アルバイトやパートはもちろん、人材派遣や業務委託などの、いわゆる「正社員として雇用されない」人々も含めて構成されるようになっている。

したがって、一ロに「人材に対するマネジメントといっても、企業戦略上、その人材がどういった位置づけで、どのような役割を担っているのか、という観点を踏まえて個別にきめきめ細かく行わないと、有効なものとはならない。

そこで、最適な人事戦略を考え、的確な人材マネジメントを行うために、経営戦略達成への貢献のあり方で人材のタイプ分けをするモデルが有効となる。

これが「人材ボートフォリオ]である。

現代は、さまざまなタイプの人材がさまざまなスタイルで働く時代となっている。

その背景には、働く側の価値観の変化や、IT化によってフレキシブルな勤務が可能になったこと、そして、企業が終身雇用のシステムを維持できなくなったこと等があるが、いずれにせよ、これからの企業には、多種多様な人材を戦略的に組み合わせて活用すること(雇用ミックス)が求められる。

そのためには、人材を単一の「社員」というくくりではなく、いくつかのタイプに類型化して考える必要がある。


written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了