本文の開始

Home > 人事用語 > 職務記述書・ジョブディスクリプションとは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

職務記述書:ジョブディスクプリプションとは

ディスクリプションとは「記述,描写]という意味で、ジョブ・ディスクリプションとは、「仕事を開示する」ことを意味する。

職務分析の結果を要約・記述したもので、職務記述書といわれている。

米国の大手企業の90%が所有しているといわれている。

職務記述書の構成の特徴と項目は以下のとおりである。

1.期待される成果
成果(アカンタビリティー)を7〜10前後で整狸している。
通常見落としがちな、重要な職務成果を浮き彫りにしている。
例えば、事務職の「顧客からの信頼度を高める」や、営業職の「新製品を普及させる」というものなどである。

2.代表的な仕事(課業)と期待レベル
課業(Task)を7つ前後で整理して、上級レベルと中級レベルの期待基準の差を明らかにしている。

3.期待される職務行動・意識(コンピテンシー)
成果を生み出すために必要な職務行動・意識(コンピテンシー)を5つ前後で整理して、上級レベルと中級レベルの期待基準の差を明らかにしている。

4.期待される職務知識
職務遂行に必要な職務知識を5つ前後で整理して、上級レベルと中級レベルの期待基準の差を明らかにしている。



written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了