本文の開始

Home > 人事用語 > 個人目標とは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

個人目標とは

目標管理における個人目標とは、会社から一方的に個人に割り付けられたものではない。

目標管理とは、組織と個人にとって価値ある目標を追求することによって、組織の発展と個人の成長をともに実現することである。

具体的に言い換えると、価値ある目標を設定しそれを展開・評価するサィクルを回すことによって目標(成果)を達成することである。

「目標」とは、会社や職場の目標と個人が自主的に立てた目標との十分なすり合わせを経たうえで設定されたものをいう。

また、必ずしも数値化されたものになるとは限らない。

スタッフ部門などでは,改善活動やクレームを減らすといった活動そのものが目標になる場合もある。

目標管理のサイクルとは、目標の設定(Plan)、目標の遂行(Do)、結果の評価(See)の管理サイクルを回していくことである。

Planの場面では、上司の期待と部下(個人)が立てた目標案について話し合い、目標を設定する。

Doの場面では、部下(個人)は目標の遂行を自主管理し、上司は支援という形で目標の遂行の円滑化を促進する。

さらにSeeの場面では、部下(個人)は結果を自己評価するとともに上司は上司としての評価を行い、次期の目標設定につなげていくこととなる。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了