本文の開始

Home > 人事用語 > モチベーションとは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

モチベーションとは

モチベーションとは、個人の「やる気」であり、意欲的な行動を引き起こす要因である。

どれほど能力のある人材であっても、やる気がなければ良い成果は期待できないし、逆に、能力はそれほど高くなくとも強く動機づけられていれば、予想以上の業績をあげる。

この動機づけの強さには、単に個人が集団や組織にとどまる程度のものから、役割遂行の範囲を超えて、自発的な行動を引き起こすほどのものまで考えられる。

モチベーション理論には、内容理論と過程理論がある。

内容理論は、マレーの欲求理論、ハーツバーグ(Herzberg ,F)の二要因理論やマズロー(Mas1aw,A.H)の欲求階層説に代表されるもので、人間は基本的に自らの欲求を充足するために行動するという仮定に基づき、欲求そのものに焦点を当てている。

一方、欲求そのものよりは、なぜ欲求が生まれ、どのようなプロセスで行動するのかを説明するのがモチベーションの過程理論である。

ヴルーム(Vroom ,V.H)、ポータ(Porter ,L.W)、ローラーによる期待理論が代表的である。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了