本文の開始

Home > 人事用語 > アウトソーシングとは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

アウトソーシングとは

アウトソーシング(Outsourcing)とは、従来、社内で行われていた業務を外部に委託し外部の機能や資源を活用することにより、経営効率を高め、企業の体質を強化する戦略的な径営手法である。

つまり、外部企業の「専門家(専門の業者)としての能力」をフルに活用する。それによって、社内の経営資源をより重要(コア)な分野に集中させることができるのである。

高度なスキルとプロ意識をもった外部人材の活用は、不況に勝つ方法論としてだけでなく、未来型経営(自社のコア事業やコア部門は何かを見極め、それを担っていく本当に優れたコア人材を確保していく等)にも大きく貢献していくのである。

従来の「外注」や「下請け」などとの違いは、コスト削減や自社にない専門的な技術・ノウハウの活用などの明確な目的をもっていることである。

自分たちよりも「うまく」やってくれる企業に委託して、仕事のレベルを上げようとするのが、アウトソーシングである。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了