本文の開始

Home > 人事用語 > ポイント制退職金とは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

ポイント制退職金とは

ポイント制退職金の基本は、
(等級ポイント累計+勤続ポイント累計)×ポイント単価×(退職事由別支給係数)
である。

すなわち、等級別と勤続年数別に、1年当たりの付与値(ポイント)を決めておき、退職時の各累計(獲得)ポイントに単価(1ポイント当たりの金額)を乗じたのが、支給すべき退職金額である。

退職金の水準改定を行うときは、原則として、この単価で調整する。

等級ポイントは、等級ごとに設定された等級ポイント(上級資格ほど高いポイント)を、各資格の在級年数に応じて累積させていく仕組みであるため、昇格スピードの速かった者がより多くの等級ポイントを獲得することになる。

勤続ボイントは等級には関係なく、勤続年数に対応して付与するもので、働き盛りを過ぎたら付与ポイントを減じ、一定年数を超えると新たな付与は行わない例が多い。

等級ボイントと勤続ポイントだけては不十分、という場合には、次のような方法を追加することが可能である。

(1)ポイントを付加する(ライン職への配慮)
(2)退職時資格による退職時一時ボイントを付加する(中途採用酋への配慮)
(3)毎年度の人事考課を反映させる(付与するポイント数を違える)
(4)ポイントのみの制度とする(徹底した員献度反映型)

この構築にあたっての、1つの前提条件は「等級制度が確立」されていることであるが、等級制度を採り入れがたい場合には、基本給の水準などによっていくつかの階層分けを行う方法がある。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了