本文の開始

Home > 人事用語 > プロセス評価とは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

プロセス評価とは

プロセス評価は、リザルト評価の補完的役割を担う。

プロセス評価とは、成果に至るまでの過程の善し悪しに注目し評価するものである。

近年では、このプロセス評価の代表的なものとして、コンピテンシー評価が活用されている。

コンピテンシー評価では、現在どれだけ成果に貢献し得る行動をとっているか、という点を評価するため、従来の職能等級の置き換えてはなく、業績評価のプロセス評価として位置づけることが望ましいといえる。

つまり役割に応じて求められるコンビテンシーの実践度や達成レベルを評価するのである。

そしてこの評価輔を導入することにより、成果に貢献する行動をとるように社員を育成する人材育成への活用も可能となり、会社としても継続的な成果向上につながるといえる。

コンピテンシーは、役割を根幹とし共通部分と専門部分に分けて作成する。

共通部分とは、コンピテンシー評価対象者共通の基準で、会社戦略(コーポレート・ストラテジィ)に基づいて作成する。

一方、専門部分は、職群・職種ごとの基準で、職群・職種別のハイ・パフォーマーの成功体験に基づいて作成する。

一般的には、管理職クラスからハイ・パフォーマーを選ぶことが望ましいが、新しいビジネス環境に関する項目や若い社員に必要なスキル(とくにIT関係)に関する項目が漏れなく含まれているかを確認する必要がある。

コンピテンシー基準の作成時には、コンピテンシー・ディクショナリーをベースに作成する以外にヒアリングによって作成する方法がある。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了