本文の開始

Home > 人事用語 > 職務給とは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

職務給とは

職務給とは、社員が従事する仕事の内容や職務の価値で賃金を決定する給与であり、米国で普及した考え方である。

同じ仕事なら同一賃金である。

職務給は、社内のすべての職務について、その価値・難易度および就労条件などを測定し(職務分析)、その結果に基づいて定められた職務の序列(職務評価)を反映して決定される。

すなわち、職務ごとに賃金があらかじめ決まり、そこに社員が当てはめられるわけである。

したがって、同じ仕事は誰がやっても同じ賃金となる。

職務給のデメリットとして考えられるのは、自なチームワークがとりにくくなるとか、新しい仕事を開始するよりもあらかじめ決められた範囲に限定した仕事をするなどの弊害が生じやすくなる。

職務給の長所、短所を踏まえ、企業全体としての競争力を高めるために同じ職務でも従事する社員が発揮した能力(=成果)の差を認め、一定の範囲で昇給する範囲職務給をとる企業が多い。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了