本文の開始

Home > 人事用語 > 職能資格制度とは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

職能資格制度とは

等級制度とは、社員に対して一定の基準で処遇を行うための社員のグルーピング(格付け)をいう。

日本においても、一時期(戦前から戦後まもない時間)は、資格や等級といったコンセプトはなく、部長・課長といった役職がそのまま処遇に結びついた、「役職・ポスト」しかない時期もあった。

その後,高度成長期を経て社員の高齢化が進むとともに、役職の数が限られるという状況が生まれ、その結果として、役職と処遇を切り離す手段として、職能資格制度が誕生した。

職能資格は、職務遂行能力を基準とした等級制度であり、課長相当の実力や能力が認められれば、たとえ課長職についていなくても、課長と同等の処遇が得られる、という考え方であり、社員の高齢化に対して、ポストを増設することなく、経験を積んだ社員をつなぎ止めることができる制度である。

しかし職能資格の各資格定義があったにもかかわらず、多くの企業ではその後の運用において、年功的な昇格を行ったために、結果として、同じ部長相当の資格の社員間において、責任や権限等の面でかなりの差が生じてきた。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了