本文の開始

Home > 人事用語 > スペシャリストとは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

スペシャリストとは

スペシャリストは、他者との差別化要素となる特定の専門分野に関する深い知識や技術を有し、その分野の仕事に特化して従事する人のことである。

企業や社員がグローバルな競争の中で生き残るためには、新しい価値を生み出す専門的知識や能力が一層必要となっている。

企業が期待する社員とは、組織の一員として単に忠誠心をもつことよりも、スペシャリストやプロフェッショナルとして能力を発揮しその成果を通して組織に貢献する人である。

プロフェッショナルとは、専門能力を成果に結び付けることが期待されると同時に、専門分野以外の知識と情報をも有し、さらにリーダーシップ力のある人といえる。

スペシャリストとの違いは、評価の対象が特定分野の専門性に限定されるか否かにある。

それに伴い、企業はスペシャリストとしての社員を重視する傾向が強まっている。


written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了