本文の開始

Home > 人事用語 > 役割給とは


  • ホーム
  • 人事戦略コンサルタント
  • 会社概要
  • 取扱業務
  • ご相談窓口
  • セミナー情報
  • 無料サービス案内
  • セミナー・研修実績
  • メディア実績
  • 講演・研修依頼
  • 執筆・取材依頼
  • 人事用語
  • お問い合せ

役割給とは

役割給とは、職位や職群に求められる役割・職務に応じて支給される成果型賃金である。

役割給は単にポスト手当の変形ではない。

役割給制度を組みたてるには、まず役割の種類・高さ・成果責任等に関して、企業全休の視点から役割の整理・体系化がなされねばならない。

役割給の背景には、“役割グレードの体系”が必要である。

役割の整理・体系化においては、おおむね、業務遂行の困難度・責任度、必要な知識・スキル、期待成果、他部門への影響度、経営戦略上の重要度・貢献度、心身の負担度合い、部下の数、売上げ・利益の規模等の各視点を組み合わせ、各役割を評価する。

縦軸に役割のグレード、横軸に役割の種類をとったマトリクス、役割の「グレード]と「種類]で役割額が決定されることになる。

仕事基準賃金であるから、定昇という概念はない。

役割の変更(種類・グレード)があれば、原則として役割給の金額は変更される(アップダウンも考えられる)。

なお、目標管理の遂行結果を役割給に反映させる場合もあり、役割業績給と呼称するケースもある。

written by Takeshi Kurita

人事用語一覧へ戻る


DVD講座の前半部分:約5分のサンプル動画です。
DVD講座「若手リーダー育成のための人事・評価制度事例」お申し込み
ページの先頭へ

ページの終了